熟年カップルのマンネリ打破 | 何歳でもデートは終わらない

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

熟年カップルのマンネリ打破

長い年月を一緒に過ごしてきたカップルは、お互いを知り尽くし『マンネリ』になりがちです。特に熟年カップルになると新しい刺激にも億劫になりがちですね。分かり合えているパートナーとの大切な未来のためにも、『マンネリ』を打破する『デート』を考えていきましょう。


疲れない『デート』をしよう!

マンネリ化してきた関係に新鮮味を与えるため、二人でお出かけ。とても、素敵なことです。ただ、こんな時は有名観光地など混雑が予想される場所は、避けた方が無難でしょう。

車で出かけたときに、巻き込まれる渋滞や、満員の交通機関などでイライラしかねません。馴れ合っている仲だからこそ、お互い遠慮もなくなってきています。そのイライラが原因でケンカにでもなれば、元も子もありません。

二人で出かける先は、混みやすい観光地などは選ばず、移動時間も余りかからない場所がいいでしょう。道中の移動だけで疲れてしまっても、楽しさが半減してしまいます。あえて、人で混雑しそうな場所ではなく、二人でゆったり過ごせる所をチョイスしたいものです。

シーズンオフの海辺を訪れたり、花見の時期を避けた植物園など、自然にふれる『デート』でゆったりとした時間を過ごすのがお勧めです。

また、出会った頃の思い出の場所をめぐるのもよいでしょう。二人だけの歴史を振り返ることで、出会った当時のトキメキも思い出せます。疲れると、どうしても相手を思いやる気持ちが少なくなってしまします。体力的に、ゆとりのある『デート』を心がけることがポイントです。

若いカップルの少ない場所にしよう!

よほど、絶叫マシーンなどが好きでもない限り『熟年カップル』は、遊園地のようなデートコースはやめましょう。若い世代の集まる場所は、『熟年カップル』にはあまり向いていません。

刺激を求めるなら、二人でホラー映画の鑑賞をお勧めします。大人の女性は、本当は甘えたくても照れが邪魔してしまいます。でも、ホラー映画なら自然に寄り添うこともできるからです。そんなときは忘れずに「怖くない?甘えていいよ」と声をかけてあげましょう。

どうしても、若いカップルのいる場所は、自分たちの年齢を意識してしまいがちです。「年甲斐もなく」など、いらぬ意識が邪魔をし、お互い素直になれません。そのため、若者たちがあつまるデートコースは避けた方が賢明なのです。

このように『熟年カップル』は、馴れ合いの仲と共に『世間体』も意識に出てしまいがちです。『マンネリ』を防ぐためにも、お互い素直になれる場所と環境を考え、二人に適した『デート』を楽しみましょう。