触れ合う時間が夫婦の密度を濃くする、濃厚な時間の過ごし方とは? | 恋人時代と一味違う夫婦のデート

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

触れ合う時間が夫婦の密度を濃くする、濃厚な時間の過ごし方とは?

夫婦がいつまでも仲良くいるためには、二人で過ごす時間をいかに大事にするかがカギになります。男と女、触れ合う時間も大切です。夫婦として過ごす時間が長くなればなるほど、触れ合う時間は逆に減ってしまう、これは寂しいことと気付いているのではないでしょうか。出会った頃のドキドキ感をもう一度思い出してみませんか?


マッサージでリラックスタイムが二人の距離を縮めてくれる

夫婦になった途端、手を繋ぐことすらしなくなったという話を良く聞きます。ご近所さんの目もあるから手を繋いで歩くなんてできないという声が圧倒的に多いのです。その積み重ねがいつのまにか、夫婦が触れ合うことに抵抗感を覚えるようになってしまいます。その抵抗感は、ちょっとしたきっかけですぐになくなりますよ。

まずは「お疲れ様」と肩を揉んであげてください。いつもと違う行動に初めはパートナーも驚くかもしれませんが、こういうことがちょっと苦手ならお酒の力を借りてもいいのではないでしょうか。久しぶりに触れたパートナーの肩は思っている以上に凝っているかもしれませんね。こんなに毎日頑張ってくれているんだ、とありがたみも感じるはずです。触れ合っているうちに、もう少し近くにいたい、もっと触れ合いたいという、本来あるべき感情がふつふつとわいてくることがあります。

せっかくいい雰囲気になったのなら、そのまま大人の時間を過ごしてください。もしも精神的なことが理由でEDに悩まされている場合、これがきっかけで症状が改善することも考えられます。お互いを意識すること、お互いに触れ合うことが当たり前のことだったころをぜひ思い出してくださいね。

ただし、どうしてもEDが改善されない時には専門のクリニックなどを頼ってみることも時には大切です。今は男性専門のED治療を行ってくれるところもあるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

夫婦だから出来るちょっと変わった触れ合い方

他の人には言えない様なことも、夫婦だから共有できることがあります。夜の夫婦生活をお互いが満足できるものにするために、色んな工夫をしてみませんか?

いきなり裸でベッドイン、確かに強引でいいかもしれませんが、せっかくですからそこに至るまでの時間も楽しみましょう。夫と妻という立場ではなく、結婚前の恋人という設定も初々しくていいですね。はじめて会ったその日に恋に落ちて体の関係に、というかつて「リゾラバ」と呼ばれた束の間の恋という、まるで映画のようなシーンもワクワクします。

このときのために、色んな小道具を用意しても面白いですよ。例えばコスプレ用の衣装などはいかがでしょうか。大人のおもちゃを扱うお店には、専用のコスプレが色々売られています。極端に高いものはさすがに手が出ませんが、安いものでも夫婦で楽しむ分にはじゅうぶん満足できることでしょう。こういったことに対して抵抗感がなくなってくると、今度はどんな衣装で楽しもうか、どんなシチュエーションなら盛り上がるか、夫婦で相談する楽しみも生まれます。まるで恋人時代に戻ったようなドキドキ間を味わうことができるかもしれませんね。

触れ合う時間を設けることは恥ずかしいことではありません。触れ合いを意識することが夫婦円満の秘訣だった、と改めて気付かされるはずです。濃厚な二人だけの時間を過ごすことで、夫は妻を女として、妻は夫を男として意識することができる、これを忘れずに夫婦生活をともに歩んでいきましょう。