『ドライブデート』のトラブル

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

『ドライブデート』のトラブル

彼女との『ドライブデート』。楽しい時間を過ごす予定が、予期せぬトラブルに遭遇してしまうときがあります。そんな時どうすればいいのでしょう?いざという時のために、心の準備をしておきましょう。


車をぶつけてしまった!

ショッピングやレストランなど、ガレージに駐車する状況は『ドライブデート』なら避けて通れません。広くて見渡しのいいガレージなら助かりますが、停めづらい駐車場もありますね。

気をつけていたつもりが、他人の車を傷つけてしまった。そんな時どうすればいいのでしょう。大抵の場合、傷つけられた相手は怒りに任せて、かなり罵声を浴びせてきます。彼女の前で恥ずかしい思いをするのは嫌ですが、ここで同じように返しては状況が悪化するだけです。

自分の落ち度は認め、謝罪のあとすぐに警察を呼びましょう。そして弱みに付け込まれないように毅然とした態度も必要です。心配している彼女にも「大丈夫だよ」と余裕を見せたいものです。

できれば、こんなトラブルは避けたいものですが、いざその状況になったときは、相手へ誠意を持った態度で、大人の対処をするのが大切です。感情的になったり、取り乱したりすると彼女に幻滅されかねません。しっかりした大人の対応を取れば、反対に『頼りになる人』と見直してもらえます。そのあとの彼女へのフォローも忘れずに!

エンジンがかからない、バッテリーが上がった!

景色のいいところで車を止め、エアコンをつけたまま車内でおしゃべり。ムードもよくラブラブで浮かれていると、エンジンがかからない。またはスモールライトを消し忘れて・・・バッテリーが上がってしまった!誰しも、一度は経験されているのではないでしょうか。

近くにケーブルを持っている車がいたり、通りがかってくれればいいのですが、そうそう都合よくはいきません。また、最近はリモコン式になっている鍵が多いので少なくなりましたが、キーを挿したまま、ドアをロックしてしまったなど。そんな時はジタバタせずに、JAFを呼ぶのが賢明でしょう。

大抵、JAFが到着するまで小一時間はかかるでしょう。もう一度、『ドライブデート』が再開できるまでの時間、彼女へのフォローが大切です。オロオロするのではなく、この際開き直って女性を退屈させないように務めたほうが無難です。ここをうまく乗り切れば、あとになって「あの時は大変だったね」なんて二人の楽しい思い出の一つになります。

どんなことが起こっても対処できるように、日ごろから準備とメンテナンスは忘れてはいけません。いかなる状況になっても大丈夫なように常にイメージトレーニングをしておくと、割とすんなり乗り切れるものです。

このように突然のトラブルは避けられません。しかし、冷静に対処する姿を見せれば女性から『頼りになる人』と思われるのは間違いありません。ピンチをチャンスに変える余裕を持ちましょう。