最初が肝心!

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

最初が肝心!

まずは初歩中の初歩。初めての『デート』です。気になる女性にアプローチし続け、やっとこぎつけた初めての『デート』。失敗するわけにはいきません。次の『デート』に繋げていくためにも、抑えておきたいポイントとNGをしっかり頭に入れておきましょう。


慌てない、慌てない

『デート』をOKしてくれたと言うことは、多少なり自分に好意を持ってくれていると男性は思いがちですが、そうとは限りません。どんなに好調にこの日を迎えたにせよ、女性からは『様子伺い』に過ぎません。これからお付き合いを始めていい相手なのか品定めの場を設けただけなのです。

厳しいようですが、コレが女性の本音です。ひどい様に聞こえますが、女性にとっては男性と深いお付き合いをすれば、妊娠、出産というリスクがあります。女性自身が意識しているのではなく、本能で自分に適している相手か見定めてしまうのです。

女性が酷いように聞こえますが、実はお互い様。男性自身も自分の遺伝子を残すために適した女性を、無意識に選んでいるのです。お互い、どこか本能で動いてしまっているのですね。 大半の男性は外見から意中の女性を決めます。これは丈夫な子供を産める体かどうかを、判断しているのです。ソレに対して女性は残すべき遺伝子かを男性の行動から見分けるのです。

最初のアピールポイントは『誠実さ』と『優しさ』

女性が男性に求めるもののダントツは『誠実さ』と『優しさ』です。イケメンでもお金持ちでも、誠実でなければ女性は必ず離れます。初めての『デート』ではまず、この『誠実さ』と『優しさ』をアピールしましょう。それは、相手の女性を大切に思っているという心を伝えるということです。

それを具体的に『デート』で表現するには、どうすればいいのでしょうか。それは彼女を喜ばせるために『努力をしている』ことをさりげなく見せましょう。ここは、あくまでも『さりげなく』が大切です。

まず『食事は何が食べたいか』を直接きいておきましょう。女性は必ず、状況に応じての服装を考えます。そのためにも『洋食』なのか『和食』なのか、はたまた『イタリアン』なのかで、適した服装やメイクを考えるのです。事前にヒントを与えてあげると女性はとても助かります。

もし、『和食』で靴を脱ぐ形式のお店をチョイスした場合「お座敷だから、脱ぎやすい靴がいいよ」などと前もって言ってあげると、かなり『誠実さ』ともに『優しさ』点数アップ間違いありません。もちろん、お店は必ず予約しておくことを忘れずに!

聞き役に徹しよう!

男性がやりがちな失敗に、自分の話ばかりすることが挙げられます。『楽しかった』という印象が残りやすいのは、必ず自分の話を聞いてもらった側です。なので、ここは聞き役に徹するのです。といっても、黙っているという意味ではなく話を振るのです。

自分の話をしているうちに、彼女の緊張も解けていきます。笑顔で話を聞いてあげましょう。彼女が話しやすい話題、たわいない話を用意しておきましょう。よっぽど無口な人でもない限り、聞いてもらえると確信すれば、女性は自分から話題を出してきます。

女性が思う『優しい人』に必ず『話を聞いてくれる』がピックアップされます。この印象を与えればいいのです。間違いなく『また、会いたい』と思ってくれます。

このように、最初の『デート』が肝心です。女性の心を掴むために、アピールするポイントとNGを知っておくと安心です。お互いに楽しめる『デート』にしましょう。