デートで人生が変わる

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

寄り添うカップル

人生を変えるデート

もう何年もデートしてない。そんな人も多いかもしれません。一人で生きて行くこと自体、誰にも迷惑をかけませんし、非難されることではありません。孤独な時間が充実している人は人間的な輝きも違います。一人で究めていける世界もあります。でも……。

デートは、あなたが一人ですごす時間を奪うものではありません。むしろ一人でいることが大好きな人ほど、デートによって広がる世界は大きいはずです。


相手のことをよく知る

遠くで見ているより実際に会って話しをすると、その人の人柄がよくわかるものです。

付き合い始めのころは、互いの相性を見極める重要な期間です。人間的にどんなに素晴らしい人でも性格が合わないことがあります。どこか欠点がある人でも好きになってしまうとあまり気にならなくなることもあります。

数回のデートを積み重ねて、自分のことも理解してもらいつつ、相手がどんな人かを見極めていくことが大切です。

なかなか尽きない二人の会話

コーヒーを飲みながらのデートで話せる時間は1~2時間程度が限界です。デートしているのはそれぞれの人生を過ごしてきた二人です。数時間で話が尽きるわけはありません。

まだ話足りないという感じがあるときに次回のデートを約束するのがポイントです。すっかり話し切った感が出てしまうと、しばらくは会わなくても大丈夫かなと思われてしまいます。

逆に長期間会えなくなるのがわかっているときには、満足のいくまで時間をかけましょう。あなたと楽しい会話をした記憶は良い思い出に変り、次に会えるときまでの心の支えになるでしょう。

デートは二人を成長させる

恋人が次々に代わって、別れた相手を肥やしにする。それはデートによって相手の世界を貪欲に取り込んでいく様子を表しています。

人間的に成長するためにデートをするのは本末転倒ですが、デートの結果、人間の幅が広がるのは事実です。高齢になってからのデートを否定するものではありませんが、若いうちほど、デートはその人の成長をうながします。デート経験が豊富な人ほど、人の心のあやがわかるようになるのでしょう。

たとえ結婚に至るまで交際が続かなかったとしても、それまでのデートは決して無駄にはなりません。二人が共有した時間は、互いの趣味嗜好や人格形成に影響を与えています。デートは、なかなか奥の深いものです。デートの体験があなたの人生を変えることがあるかもしれません。