お店でこんなときどうする?

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

お店でこんなときどうする?

女性が喜びそうなお店をチョイスして、しっかり予約も入れたのに店側のミスで予約が入ってなかった。運ばれてきた食事に髪の毛が入っていたなどトラブルはつきものです。そんな時、女性から見て『素敵だな』と思われる対応を心がけましょう。


予約が入ってなかった

最確実に予約しておいたのに、いざ店に行くと向こうのミスで予約が取り消されていた。あってはならないことですが、たまにこんなトラブルに遭遇してしまいます。気心知れた彼女なら、まだしも初めての『デート』だと最悪です。彼女もしらけムードになっていることでしょう。

こんな時に失敗しがちなのが、彼女にいいところを見せようと店側に強く抗議してしまうことです。女性の嫌がる行動の中に『店員に強く当たる』というのがあります。いくら店側に落ち度があっても、立場の弱い相手に強く出る男性を卑劣に感じてしまうのです。

感情的になっても仕方ありません。まずは店長など責任ある立場の人に、席の確保ができるのか交渉しましょう。泣き寝入りではなく、大人の態度で交渉する姿を見せるのです。女性は間違いなく『かっこいい』と感じます。

席の確保ができれば、それでヨシ!とし、気分よく食事しましょう。きっと店側もお詫びのしるしに何かサービスしてくるでしょう。それを「得したね」と笑って言える余裕があれば、必ず女性はあなたを見直します。

もし、席が確保できなければ速やかに次の店を探しましょう。臨機応変に対応できてこそ、男の器の見せ所です。人気店などは急に行っても、満席で入れない場合もあります。同じことが2軒も続かないように、確実に予約をいれて空気の流れを変えましょう。

店員のミス

運ばれてきた料理が注文したものと違った、髪の毛が入っていた、水をこぼしたなど、店員のミスからなるトラブルも多々あります。こんな時も、やはり感情的になってはいけません。といって何事も許してしまうのも、女性にとっては気分の悪いもの。「心配しないで」と声をかけ、料理は速やかに取り替えてもらいましょう。

女性の服が汚れた場合、そのまま過ごすのが無理なようなら洋服を買ってあげるのもいいでしょう。また、着替えに帰るようなら送ってあげましょう。何よりも女性の意見を訊いて、それに合わせてあげましょう。

きっと、紳士的な対応に惚れ直してくれることでしょう。女性が男性に求めるものは『安心感』です。何事にも動じない姿勢に、惹かれるものです。常に女性優先で考えてあげましょう。でも、「どうする?」なんて女性に丸投げしてはいけません。あくまでも、あなたがリードしてあげることが大切です。

楽しい『デート』をするためにも、ある程度のトラブルやハプニングは想定して、スマートに対処できる次の手を持っておきたいものです。用意周到な男性に女性は尊敬さえ感じるものです。トラブルを味方にしましょう。