実はとてもわかりやすい!?帰りたいサインに気づいてあげよう | デートのHOW-TO

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

実はとてもわかりやすい!?帰りたいサインに気づいてあげよう

男性は楽しく過ごせていると思っていても、相手は気分が乗らなくなってくると申しわけないけど早く帰りたいと思う女性がいます。そういうとき女性は直接意思を伝えるのではなく、遠回しに帰りたいというサインを出しているのです。

中にはすごく分かりやすい仕草をしてアピールしているときもあるので、全く気づかないで引き止めてしまうともう2度と会いたくないと思われてしまうかもしれません。そうならないためにも、女性の帰りたいサインは自分から気づいてあげましょう。


気付けないとヤバい!時計をやたらとみている

一番わかりやすいサインは、時間を気にしているのかやたらと時計を確認している仕草です。大抵の方は、これをしているだけで何となく察しがつくと思います。つまり、一番気づきやすい行動を見逃してしまうような人ははっきりいって鈍感です。

できるだけ長く一緒にいたいと望んでいるのなら、相手に察せないようにトイレへ行ったときなどに確認したりします。もし相手が目の前で頻繁にスマホや腕時計を見ているようであれば、十中八九もう帰りたいサインと思っても問題ありません。

明日は朝が早いというアピール

「明日の朝早く仕事があるんだよね」とか「明日忙しいんだ」的な言葉を会話の中で入れてきたら、特に注意してください。こちらから「じゃあ今日はもう帰って寝ないと」と言わせたときに使う、女子の常套句です。

相手にそんな風に言われてしまったのなら、自分が一緒にいたいと思っていてもそう言うしかないのではないでしょうか。相手の気遣う気持ちを逆手に取ったこのサインは、そう考えてみると意地悪かもしれません。

あいづちがとても雑

帰りたいという欲求がマックスに達してくると、女子は会話に対して丁寧に対応してくれる心の広さを残念ながら持ってはいません。

「ふーん」や「そうなんだ」といったような雑なあいづちで会話をしていたら、100%帰りたいと思っています。相手を振り向かせようと必死に会話を盛り上げようとしても時間の無駄です。早々に諦めて、切り上げた方がいいパターンでしょう。

会話を切ってしまう

相手との会話のキャッチボールもままならない、そうなってしまうともう試合終了といっても過言ではありません。普通だったら「それでそれで?」と話を更に聞き出したりしますし、先が読める展開の話だったとしても全く分からない感じで話を聞いてくれますが、帰りたいと思っているときは「それってそういうことでしょ」と言って話を終わらせてしまいます。

いまいち会話が盛り上がらなくなってきて沈黙の時間が増えてきたら「じゃあそろそろ帰ろうか」と振ってあげるのが賢明な判断といえるでしょう。

一旦切り上げた方が恋の近道

実はこんなにもある女性の帰りたいというサイン、これらの仕草は最強です。無理に引き止めようとしても、意思が変わることはありません。帰りたいサインに気づいたのなら、さりげなくこちらから「そろそろ帰ろうか」と話を振ってあげてください。押してダメなら引いてみろという言葉があるように、ひとまずここは一旦退却した方がいいでしょう。

デートを了承しているからには、全く気がないというわけではないのです。仕切り直しをしたほうが恋の近道になる場合もなきにしもあらず。実は女性がさりげなく出している帰りたいサインには、敏感であるようにしてください。