思い出を忘れない方法

年代なんて関係ない!一味違う「デート」の楽しみかた

思い出を忘れないテクニック

女性は驚くほど過去のデートの内容を覚えています。何度かデートを繰り返していると、いつどこに行ったよね、何を食べたよね…と、あなたに共感を求めてくるようになるでしょう。その時「え?そんな事あったっけ?」なんて答えてしまうと、女子のテンションは地に落ちます。「あなたにとっては、忘れてしまう程度のことなのね…」と。

残念ながら、男性は彼女たちほど事細かにデートの内容を覚えてはいません。でも大丈夫。一回で覚えられないなら、復習すればOK!その為に、デートの思い出を何らかの形で残し、後で見返せるようにしておくことが大切です。


写真を撮りましょう

最もお手軽で、後からも色々と活用できる方法です。 デートに出かけたら、あちこちで写真を撮ります。2ショットだけでなく、一緒に食べたランチや、風景なども。特に、相手が興味を示していた物や、相手も写真に収めていた物を撮っておきましょう。何故なら、相手の印象に残った物ほど、後で思い出して、あなたに話を振ってくる可能性が高いからです。
携帯の写メでもいいですが、現像すると「この前の写真ができたから渡したい」と言うだけで、次のデートへの伏線にもなりますよ。

当日のうちにSNSに書き込む

SNSを利用しているなら、デートに行ったその日に、文字にしてしまいましょう。他の人が見ている場所に書き残しておけば、イイネ!やコメントが付く度に見返すことになります。また、相手もあなたのブログを知っている場合、当然相手もそれを読むでしょう。あなたの言葉でまとめられたデートの感想を見てもらうことで、自分をより深く知ってもらうこともできます。

形に残る物を手に入れよう

お金を出して色々買わなくても大丈夫です。行った先で、タダでもらえる物を時々持って帰る癖を付けましょう。テーマパークやショッピングモールのパンフレットが一番お手軽です。チケットの半券なども、保管スペースを取らないので良いですね。 時々それを見返して、いつどこで手に入れた物なのかを思い出すようにしてみましょう。手に取れる物があることで、記憶がグッと定着しやすくなります。

過去のデート内容をきちんと覚えていれば、二人の思い出を大切にしている印象を与えられます。つい細かいことを忘れてしまう人は、ぜひ試してみてください。