Category : デートのHOW-TO

実は嬉しくない!?喜ぶと思ってついしがちな行動

人によって好きなタイプが違うように、女性が男性に望んでいることは十人十色。男の人におごってもらうと嬉しいという人もいれば、中には平等に負担は分けるべきと考える人もいます。それなのにそれは本の受け売りなの、と思わず言いたくなる態度や行動を取ってしまう勘違い男子のイタイ思われる行動は卒業しましょう。

勘違いしないで!一歩間違えるとドン引き

合コンに参加したとき夜道は危ないと思って家まで送るという行為、相手を思いやる心遣いとしてとても立派です。しかし、相手によっては家を知られたくないという人もいます。また、そんなに親しくもなっていない段階で家まで送ってもらうというのは抵抗を感じるものです。それにまだ彼氏でもないのに、家の中に入るまで見守るのはどうかと思います。

デートのときちょっと奮発して全額支払う、この心遣い自体は嬉しく感じる行為です。ただ、何でもかんでもおごってくれるのが嬉しいというわけではありません。例えば、自販機で購入できるジュースをおごる。たがだか150円くらいのものを払っただけで、得意げになるのはとんだ勘違いです。お金を支払おうとしてくれる姿勢、それだけで大抵の女性は喜んでくれます。とにかくおごればいいんだろうという態度をされると、目も当てられません。

女性全てが喜んでくれるわけではない

女性は花をもらうと喜んでくれると思って贈る、もらったときはすごく喜んでくれます。けど、その後を考えるとキレイな状態のまま持たせる自信はないのです。よく女心は複雑と言われていますが、その態度を見極めることができるようになればチャンスが訪れるかもしれません。

ですが、ちょっとした変化を気付いてほしいと思っていても、すべてうまくいくというわけではないようです。髪形を変えたときに何とも思ってない人に言われてもどう反応したらいいかわからず、いちいち指摘しないでと思っていることも。よくテレビなどで頭ポンポンをするとドキドキしてくれる、サプライズでプレゼントされると嬉しいと言われていますが、それは誰でもいいというわけではありません。あくまでも好意的に思っている人にやられると嬉しいのであって、意識してない人にされても困ってしまいます。脈ありだなと思う人に、やるようにしましょう。

女性=甘いもの好きという図式、多くの男性がそう認識していると思います。確かに嬉しいのですが、ダイエット中などは素直にその好意を喜べません。喜んでくれるだろうと思ってあげても、迷惑になっているということもあるので気をつけてください。

よく「将来いいお嫁さんになれるね」というような家庭的なところを褒めると誰でも喜ぶと認識している人が多いようですが、それは大きな間違いです。中には生活臭が漂っているのかしら、なんて気にしてしまう人もいるかもしれません。女性は褒められると嬉しい生き物ですが、なんでもいいというわけではないのです。デートをするときは、機嫌を損なわないいよう注意しましょう。

女性ならこうすれば喜んでくれるだろうと思っている行動でも、すべて喜んでくれるというわけではありません。いわゆるモテテクといったものを嫌っている女性も少なくないのです。これだと決めつけないで、相手のことを考えてください。

Recommend